クリニックの様子 | 西岡ペットクリニック

Appearanceクリニックの様子

充実した設備であなたのご家族を守ります。

西岡ペットクリニックは、動物たちに対して考慮された院内作りをしており、動物たちを救うための様々な機材や施設、多くの充実した設備を取り揃えています。
最高の医療サービスの提供が出来るように日々努力しています。

施設紹介
Facility Introduction

  • 広めの待合室と、リードをかける為のフックを設けており、患者さんの負担を軽減すると同時に、ペット同士のケンカの予防対策を行っています。
    飼い主さんが安心できるよう、また動物たちが楽しめる時間を過ごせるよう心がけています。

  • 大型犬でも乗り降りしやすいよう、診察台が上下(最高床から40cmまで下がる)に可動する診察台を設置しています。

  • 比較的簡単な処置を行なうスペースになります。
    大型犬が入れる程の洗浄シンクがあり、簡単な洗浄を行なうことが可能です。

  • ステンレス製のケージを使用しています。
    大型犬専用のスペースもあり、入院中にできる限りストレスを軽く出来るよう配慮しています。

  • 出来る限りストレスを軽くするため、犬・猫は別々の部屋で入院します。
    いつでもすぐに中の様子が見れるように、大きなガラス窓がある扉を使用しています。

  • 麻酔中の動物のバイタルを常に監視しながら手術を行ないます。
    手術室の入口には大きなガラス窓があり、室外からも、中の様子が見えるようにしています。

設備紹介
Equipment Introduction

  • 心臓・肝臓・胆のう・腎臓・子宮・前立腺・膀胱等の臓器をレントゲンとは異なるタイプの画像で写す検査です。
    痛みを伴わず出来る検査なので、動物に負担が掛かりませんが、できるだけ正確な画像を出すために、一部被毛を刈ることがベストです。
    初期の妊娠診断にも適した検査になります。

  • 便の検査・尿検査・血液検査などの様々な検査で用います。

  • 手術に使用する器具を滅菌します。

  • 全身麻酔には不可欠な手術用麻酔モニターになります。
    心拍数・呼吸数・酸素が充分行き渡っているかなどを随時チェックします。

  • ドリル・ピン・ブレードなど様々なアタッチメントがあり、整形外科手術には不可欠なものとなります。

  • 骨折した骨を整復する時に用いる鉗子です。

  • 主に骨を小さく削ったりする時に使う器具になります。様々な大きさがあります。

  • TPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)では、脛骨高平部の角度を矯正する事で脛骨の前方への引き出しを抑制し、足がついたときも脛骨が前方に滑っていかなくなります。

    詳しくはこちら >

  • 高熱で処理できない器具(プラスチック・ゴムなど)を滅菌する装置です。

  • 歯石除去の際に使用するもので、とても小さく扱いやすいです。

  • 血液内の成分を14項目まとめて分析出来ます。

  • レントゲン撮影をした後、コンピューター上に画像を出します。画像を拡大したりする事で、より小さな病変を見る事ができます。